自分だけのオリジナルなシャンプーを製造する方法

普段使っているシャンプー。既製品ではいまいち物足りない、もっと自分に合ったものが欲しいという人にとってお勧めなのがオリジナルシャンプーの製造です。既製品では足りなかった成分を付け足して、自分だけのものを作る事が出来ます。今はネットなどで作り方を調べて必要な材料や道具を知る事が出来るので、以前と比べれば作りやすい環境になったと言えます。手作りのものの良さは自分の欲しいものを作る事が出来るというのもありますが、作っていく中で必要なものを足したりあるいはいらないものを引いたりなど、自由にカスタマイズ出来るというのも魅力の一つです。この世に二つとない自分だけのものを作り出せるというのも楽しいので、興味がある人は一度チャレンジしてみるというのも面白いでしょう。

オリジナルシャンプー自作の流れ

髪の質や体質などによっても作るものは変わってきますし、個人の好みもありますが、最近人気があるのが石鹸シャンプーです。まず無添加の石鹸を用意してこれをおろし金などですりおろしていきます。すりおろす作業が面倒な場合は専用のキットなども売られています。すりおろした石鹸に少しずつお湯を加えれば元となるものは完成です。このベースに泡立ちを良くするためにハチミツを加えたり、髪にツヤを出すために椿油を加えたりなど、自分好みにアレンジを加えていきます。アロマオイルなどを加えて香りを出すなどの工夫も面白いです。作る時に香りを変えてみたり、使う油を変えてみたりと自分の好みや気分に応じて好きに作る事が出来るので楽しいのですが、入れる分量などを間違えないよう最初は他の人のレシピを参考にして作るのに慣れていくのが良いでしょう。

手軽に自分だけの製品を売り出したい時には

自分が作ったオリジナル商品を実際に販売するとなると設備面など個人では多くのハードルがあります。そういった製造に関わる面倒な手間を省いて作る事が出来るのがoemによる生産です。oem商品を扱う業者は多数あり、製造に関わるノウハウや設備を所持しているので、こちらからは自分の希望を伝えるだけで済むので便利です。また発注するにあたって色々と不明な点なども出てきますが、それらに関しても適切なアドバイスをもらえるので、実際に商品を作り上げていく助けとなります。パッケージデザインなども販売する上では重要ですが、そういった面においても心強い存在となってくれるでしょう。実際に販売を見込んでオリジナル商品を開発してみたいという人は、一度業者に相談してみるのもお勧めです。